STANLEYTEAM KUNIMITSU

RACE 2012 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo

2012 SUPER GT

ROUND3 SEPANG

第4戦 スポーツランドSUGO

公式予選 7月28日(決勝レース 7月29日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG HSV-010、真夏のSUGOは10位発進

今回も前回同様、予選ではスーパーラップ方式が採用された。このため、まずは予選1回目が行われ、スーパーラップ進出のトップ10台が選抜することになる。午前の練習走行時からじりじりと気温が上昇。午後1時前にスタートする予定だったGT500の予選1回目だったが、先に行われたGT300の予選で赤旗が出てセッションが一時中断。GT500の予選がスタートしたのは、午後1時5分だった。だが、直後にコースインする車両は一台となく、より少ないアタックラップで好タイムを狙おうとする各チームの戦略が見て取れた。このとき、気温34度、路面温度にいたっては58度まで上がり、依然として過酷な条件下には変わりなかったが、No.100 RAYBRIG HSV-010には山本尚貴選手が乗り込み、アタックが始まる。集中力を高め、渾身のアタックを行った山本選手。当初暫定で6番手につけていたのだが、終盤、他車が小刻みにタイムアップを見せたため、山本選手が刻んだ1分16秒414というタイムは10番手に。しかしながら、目標であるスーパーラップ進出を決め、伊沢拓也選手へと望みを託すことになった。

スーパーラップ開始は午後3時30分。少し日が陰り、気温32度、路面温度44度と心持ち暑さも和らいだ。No.100 RAYBRIGHSV-010は予選1回目を10番手で通過したため、スーパーラップはトップバッターとして出走を開始。アウトラップでクルマの動きを確認し、満を持してアタックを行った伊沢選手。1分16秒567のタイムをキープし、残り9選手のアタックを待った。結果、全車スーパーラップを終えてNo.100 RAYBRIG HSV-010は予選10番手を獲得。チームでは、翌日の決勝に向けてタフな戦いの中でつねに安定した速さを刻むこと、そして狭いコースでの接触などのトラブルに巻き込まれないことが大事になることを再確認し、全セッションを終えた。

タフなコンディションでの予選アタックを終了した山本、伊沢両選手。「朝のセッションでは、まずまずの感触がありました。とくに最後にニュータイヤを装着し、GT500の専有で走ったときも5番手に入り、タイムとしても悪くはなかったのですが…」とやや納得のいかない表情を見せた山本選手。「予選1回目のアタックではクルマのバランスもそんなに悪くなく、小さなミスはありましたが、結果が10番手ギリギリになるとは思いませんでした」と言葉を続けた。

一方の伊沢選手も朝の練習走行での手応えに触れ、「いい流れで予選ができると期待していたのですが、満足のいかない結果に終わってしまいました」と悔しさをにじませた。また、「どのチームもチャンピオン争いをしているクルマは車重が重い中でそれぞれ不具合を抱えて戦っている。その中で今回僕らは全体的なレベルがそう高い位置につけることができなかった」と分析。だが、予選での一発と、決勝での粘りある走りは別とし、「ランキング争いをしている他のクルマよりも前でチェッカーを受けられるよう、頑張りたいと思う」と決勝に向けての意欲を見せた。

公式予選結果

PoNoMachineDriverQ1Super LapTireWH
16ENEOS SUSTINA SC430伊藤 大輔大嶋 和也1'15.0791'14.978BS24
223MOTUL AUTECH GT-R本山 哲M.クルム1'15.5371'15.191BS44
312カルソニックIMPUL GT-R松田 次生J-P.オリベイラ 1'15.4901'15.422BS26
435KeePer Kraft SC430国本 雄資A.カルダレッリ 1'16.1921'15.537BS2
536PETRONAS TOM'S SC430中嶋 一貴L.デュバル1'15.8991'15.595BS28
61S Road REITO MOLA GT-R柳田 真孝R.クインタレッリ 1'15.9671'15.610MI14
738ZENT CERUMO SC430立川 祐路平手 晃平1'15.9751'15.823BS76
817KEIHIN HSV-010金石 年弘塚越 広大1'15.9331'16.006BS40
939DENSO KOBELCO SC430脇阪 寿一石浦 宏明1'16.3381'16.294MI60
10100RAYBRIG HSV-010伊沢 拓也山本 尚貴1'16.4141'16.567BS70
1118ウイダー HSV-010小暮 卓史C.ヴァン・ダム1'16.461BS52
1232EPSON HSV-010道上 龍中山 友貴1'16.633DL
1324D'station ADVAN GT-R安田 裕信B.ビルドハイム 1'16.678YH
1419WedsSport ADVAN SC430荒  聖治A.クート 1'16.788YH4
158ARTA HSV-010R.ファーマン小林 崇志1'16.900BS10

天候:晴| コース:ドライ
PAGE TOP
STANLEY RaceQueen
メール会員限定コンテンツ