STANLEYTEAM KUNIMITSU

RACE 2012 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo

2012 SUPER GT

ROUND6 FUJI

第6戦 富士スピードウェイ

公式予選 9月8日(決勝レース 9月9日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG HSV-010、12位からのポジションアップを狙う!

2012年SUPER GT第6戦の舞台は富士スピードウェイ。5月の第2戦に続く、今シーズン2度目の戦いになる。事前に公式テストも実施されており、様々なセットアップを試しながらクルマのポテンシャル向上を目指してきたNo.100 RAYBRIGHSV-010。依然、76kgというハンデウェイトがのしかかる状況のため、長いメインストレートが特徴の富士もまだ厳しい戦いが予測される。しかしその一方では、早いもので今シーズンもこの富士を含めて残り3戦。それだけに是が非でも終盤戦に向けていい流れを構築したいところだ。

迎えた土曜の予選日。サーキット上空は秋晴れに恵まれた。朝9時40分からの公式練習では気温27度、路面温度30度と数値を見る限り初秋の天候ではあったが、時折差し込む日差しは強く、暑さを感じるほど。そんな中、チームは持ち込んだタイヤの確認およびクルマのセットアップに着手。午後からの予選に向けて作業を続けた。

今回、予選のタイムアタックは前回の鈴鹿に引き続き、ノックアウト方式が採用された。チームでは、予選のルールに従い、Q1とQ3で伊沢拓也選手を、そしてQ2で山本尚貴選手の起用を決定。予選のQ1は午後2時15分からスタート。時間は15分間。気温26度、路面温度35度とほぼ午前と変わらない条件で始まった。だが、大半のクルマがピットで待機。周回を重ねてタイヤを消耗するのを避けるためだ。

残り時間8分をメドに本格的なコースインが始まり、“椅子取り合戦”が始まった。Q1に出走するGT500全15台のうちQ2にチャレンジできるのは、上位11台。朝の公式練習で10番手のタイムをマークしていたNo.100 RAYBRIG HSV-010には伊沢選手が乗り込み、アタックを始めた。
暫定8番手のポジションにつけた伊沢選手はさらなるタイムアップを狙い、ペースアップ。1分34秒333で自己ベストタイム更新に成功する。だが、ライバル達も同様にタイムを更新したことから、結果、No.100 RAYBRIG HSV-010は12番手に。僅か0.1秒程足りず、Q2進出を逃すというとても悔しい結果となった。

予選を担当した伊沢選手は、「朝の走行で、今回持ち込んできたタイヤがコンディションに少し合ってないのかな、という感じはありましたが、さほど大きく気にするものではありませんでした。クルマのバランスも悪くなかったし、フィーリングも自分の中ではいいものだったし。予選でのアタックもミスなく攻めてベストを尽くすことができたんです。そういう意味での悔いはないですね。ただ、結果としての順位が悪かったのが残念です。ここ暫くレースでは厳しい状況が続いているんですが、明日の決勝ではしっかりと走り切り、ポイントをキチンと獲りたいと思っています」と、気持ちを切り替えていた。

一方、予選での出走チャンスが巡ってこなかった山本選手。「朝の走行の時点で、クルマはバランスも良かったんです。Q1でも伊沢選手がミスなくアタックしてくれて、手応えもあったと聞いたのですが、ただ結果としてそれがタイム、スピードとして反映できなかったということですね。今、チームは厳しい状況にあるので、残念な結果になり悔しいですね。でも、決勝ではポイント獲得を目指し、しっかりと戦いたい。残り2戦に向けてのいい流れを作りたいと思っています」と、さらなる意欲を見せた。

公式予選結果

PoNoMachineDriverQ1Q2Q3TireWH
112カルソニックIMPUL GT-R松田 次生J-P.オリベイラ 1'33.3001'34.0471'32.990BS46
21S Road REITO MOLA GT-R柳田 真孝R.クインタレッリ 1'33.2921'34.0301'33.133MI86
335KeePer Kraft SC430国本 雄資A.カルダレッリ 1'33.8561'33.9331'33.297BS48
436PETRONAS TOM'S SC430中嶋 一貴L.デュバル1'33.5061'33.8651'33.392BS58
56ENEOS SUSTINA SC430伊藤 大輔大嶋 和也1'33.7781'33.8371'33.407BS64
619WedsSport ADVAN SC430荒  聖治A.クート 1'33.9081'34.0021'33.452YH16
723MOTUL AUTECH GT-R本山 哲M.クルム1'33.8981'33.9501'33.893BS60
817KEIHIN HSV-010金石 年弘塚越 広大1'33.6581'34.172BS48
938ZENT CERUMO SC430立川 祐路平手 晃平1'33.5971'34.252BS94
108ARTA HSV-010R.ファーマン小林 崇志1'34.2321'34.588BS20
1124D'station ADVAN GT-R安田 裕信B.ビルドハイム 1'33.9841'34.726YH28
12100RAYBRIG HSV-010伊沢 拓也山本 尚貴1'34.333BS76
1339DENSO KOBELCO SC430脇阪 寿一石浦 宏明1'34.347MI76
1432EPSON HSV-010道上 龍中山 友貴1'34.676DL
1518ウイダー HSV-010小暮 卓史C.ヴァン・ダム1'34.725BS68

天候:曇| コース:ドライ
PAGE TOP
STANLEY RaceQueen
メール会員限定コンテンツ