STANLEYTEAM KUNIMITSU

RACE 2012 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo

2012 SUPER GT

ROUND8 MOTEGI

第8戦 ツインリンクもてぎ

公式予選 10月27日(決勝レース 10月28日(
QUALIFYINGRACE
RAYBRIG HSV-010、最終戦は4番手の好位置スタートへ!

 早いもので、ツインリンクもてぎでの一戦でラストレースを迎えることになった2012年のSUPER GTシリーズ。8回目の戦い、最終戦はストップ&ゴーのレイアウトを持ち、またホンダのホームサーキットでもあるもてぎ。今シーズンの戦いの中で最短となる250kmで争われる。事前の公式テストの際、No.100 RAYBRIG HSV-010は好タイムをマーク。ホンダのお膝元でぜひとも有終の美を飾ろうと、ドライバー、チームスタッフ全員が強い意思をもってサーキットへと乗り込んできた。

レースウィークの金曜、土曜と比較的秋晴れの天候となり、日差しがでると軽く汗ばむほどの天候だったもてぎ。しかし、日曜は雨になるという天気予報が出ており、前回のオートポリス同様、またも落ち着かない中での決勝になるのでは、という状況の中、まずは目前の予選に向けてセットアップを進めようと、チームは朝の公式練習に取り組んだ。

公式テストで煮詰めたセッティングをベースに車両を持ち込んだNo.100 RAYBRIG HSV-010。セッション中に何度か微調整を加え、都度、伊沢拓也選手が再確認のために出走。また山本尚貴選手もその後フィーリングを確かめながら周回を重ねた。併せて予選、決勝で装着するタイヤの絞り込みを行い、チームとしては順調にメニューを進めることになった。

朝の公式練習では4番手の好位置につけ、予選に向けていっそう自信を深めたNo.100 RAYBRIG HSV-010。今回の予選もQ1-Q2-Q3と駒を進めていくノックアウト方式が採用された。チームはいつも通り、Q1とQ3のアタッカーとして伊沢選手、そしてQ2に山本選手を投入。ふたりのドライバーにとっても、今年最後の予選で満足のいくアタックを見せたいところ。

 まずは午後2時15分からQ1がスタート。だが、15分のセッションで一台もコースには向かわない。各車、様子見となり、結局残り時間が8分を切るころになってコースインし始めるクルマが現れた。伊沢選手もしかり。なにしろ、次のQ2で同じタイヤを装着したままアタックを担当する山本選手のために少しでもタイヤのコンディションを温存しなければならない。結果、伊沢選手は1分42秒010のタイムで7番手につけ、文句なしにQ1を突破。山本選手へのリレーを成功させた。

前回、オートポリスで久々のQ2アタックを担当した山本選手。午後2時50分から10分間のアタックで、上位7台に残ることがミッションとなる。周回ごとにラップタイムを縮め、1分42秒296の自己ベストタイムを刻んだ山本選手は5番手へと浮上。「自分でも落ち着いてアタックができたと思う。キチンと与えられた仕事をこなすことができて良かった」と山本選手は満足なアタックができてホッとした様子。実のところ、朝のセッションではニュータイヤを装着してコースインしたものの、コース上のトラフィックに遭い、いいタイミングで周回できずに終わっていただけに、やや心残りがあったのだ。それを見事に払拭した予選の走りだった。

Q3は午後3時25分にスタート。Q1,Q2同様、セッションが始まっても出走のチャンスを持つ7台はまだピットに入ったまま。ようやく1台がコースに向かうと、これに追随するような形で続々と各車がコースへと向かっていった。伊沢選手はこの中でも早めにコースイン。しっかりとタイヤを温め、アタックに入る。そして刻んだタイム、1分41秒761はトータル4番手となり、ホンダ勢のトップに立ったNo.100 RAYBRIG HSV-010。明日の決勝は2列目から表彰台を目指すという、好位置を獲得した。

予選アタックを終え、スタッフに温かく迎えられた伊沢選手。笑顔を見せ、「クルマはすごく乗りやすくて久しぶりに予選をちゃんと戦えたというか、楽しめたという感じでした」と予選を振り返った。実のところ、トップを獲るために少々攻め過ぎることとなり、90度コーナーで少しオーバーランしたというのだが、「マイナスの要素もないし、明日の決勝が楽しみ」とヤル気を見せた。また、山本選手も「最終戦では、これまで学んできたことをしっかり活かしたレースがしたいですね。予選では自分の力をしっかりと出し切れたし、思い切ってアタックできたので、決勝でもいい走りがしたいです。チーム一丸で力を合わせ、今季最高の結果を残したいですね」と意気込みを語ってくれた。

公式予選結果

PoNoMachineDriverQ1Q2Q3TireWH
138ZENT CERUMO SC430立川 祐路平手 晃平R 1'41.434R 1'41.572R 1'40.982BS
26ENEOS SUSTINA SC430伊藤 大輔大嶋 和也R 1'41.280R 1'41.139R 1'41.045BS
323MOTUL AUTECH GT-R本山 哲M.クルムR 1'42.008R 1'42.374R 1'41.735BS
4100RAYBRIG HSV-010伊沢 拓也山本 尚貴R 1'42.010R 1'42.296R 1'41.761BS
518ウイダー HSV-010小暮 卓史C.ヴァン・ダムR 1'42.037R 1'42.441R 1'41.908BS
619WedsSport ADVAN SC430荒  聖治A.クート R 1'42.501R 1'42.141R 1'42.159YH
71S Road REITO MOLA GT-R柳田 真孝R.クインタレッリ R 1'42.003R 1'42.159R 1'42.203MI
812カルソニックIMPUL GT-R松田 次生J-P.オリベイラ R 1'42.205R 1'42.656BS
939DENSO KOBELCO SC430脇阪 寿一石浦 宏明R 1'41.984R 1'42.775MI
1017KEIHIN HSV-010金石 年弘塚越 広大R 1'41.986R 1'42.813BS
1136PETRONAS TOM'S SC430中嶋 一貴L.デュバルR 1'42.154R 1'43.301BS37
1235KeePer Kraft SC430国本 雄資A.カルダレッリ R 1'42.562BS
138ARTA HSV-010R.ファーマン小林 崇志R 1'42.963BS
1432EPSON HSV-010道上 龍中山 友貴R 1'43.322DL
1524D'station ADVAN GT-R安田 裕信B.ビルドハイム 1'51.730YH

天候:晴| コース:ドライ
PAGE TOP
STANLEY RaceQueen
メール会員限定コンテンツ