RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2016 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo
  • Special
ROUND2 FUJI GT 500KM RACE

第2戦 富士スピードウェイ

公式予選 5月3日(決勝レース 5月4日(
チーム総合力を駆使し、戦いに挑む

早くもシーズン第2戦を迎えるSUPER GT。暦の上では、初夏を目前とした5月3、4日が次の舞台・富士スピードウェイでの一戦となる。

予定であれば、4月中旬に九州・オートポリスにおいて2日間のタイヤメーカー合同テストに参加し、富士への準備に入るところであったが、テストを前に九州・熊本を中心とした地震災害があり、テストは中止。これによって、富士にはこれまでのデータをもって実戦に挑むことになった。

幸い、シーズンオフには公式テストも行なわれており、今シーズンの総体的なフィーリングは掴めている。一方で、開幕戦での厳しい結果を受け、チームではこの富士をいかに戦うか、そのアプローチを綿密に進める必要がある。富士戦は開幕戦より150km多い、500kmという長丁場での戦いとなるため、よりチーム力が問われるといっても過言ではないだろう。

前回、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTの山本尚貴、伊沢拓也両選手は、テクニカルコースでパッシングポイントが少ない岡山の舞台において、予選14番手から粘りと意地の走りを見せつけ、10位入賞を果たし、1ポイントを獲得するパフォーマンスを披露している。それだけに、今回も団結力のあるチーム共々その活躍へ期待ができる。

巧みなチームマネージメント、そしてポテンシャルの高いドライバーによる総合力を駆使し、ノーミスの戦いを達成することで、より好成績を手にすることが富士での目標だ。

PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ