RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

  • TOP
  • RACE 2018 SEASON
  • ROUND 4

RACE 2018 SEASON

  • OKAYAMA
  • FUJI
  • SUZUKA
  • THAILAND
  • FUJI
  • SUGO
  • AUTOPOLIS
  • MOTEGI
  • Report
  • Race Photo
  • GT500 POINT RANKING
ROUND4 Chang SUPER GT RACE

第4戦 チャン・インターナショナル・サーキット

公式予選 6月30日(決勝レース 7月1日(

シリーズ中盤は、凌ぐ戦いに



 今シーズンは開催カレンダーの変更により、5月に富士、鈴鹿と2大会の戦いを繰り広げることになったSUPER GTシリーズ。今シーズンのチームクニミツは、山本尚貴、ジェンソン・バトン両選手の新コンビで戦いをスタートさせたが、まず開幕戦岡山と前回の鈴鹿の2戦において2位表彰台を獲得。結果、第4戦タイを前にしてシリーズランキング暫定トップに立つ働きを披露している。

 結果、ウェイトハンディが64kgとなり、タイ戦では燃料流量リストリクター制限(1リスダウン)を受けることになるが、反面、搭載ウェイトは47kgに留まる。とはいえ、熱帯モンスーン気候に属し、蒸し暑く厳しい陽射しの中での一戦は、様々な点においてもハードワークが求められることは必至。集中力を高め、ミスのないレース運びが求められる。

 また、今季からフル参戦するジェンソン・バトン選手にとっては初のタイ戦。ドライバーふたりがストレスなしにレースへと挑めるよう、まずは持ち込みのセットを確実なものとし、さらにはセッションスタートとともにスケジュールに沿ってメニューを着実に消化したいところだ。クルマへの負荷を考慮すれば、タイから始まるシーズン中盤戦は”凌ぐ”戦いが続くことになる。だがその中でベストを尽くし、1ポイントでも多く加点できるよう全力で挑む。

PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ