RAYBRIGTEAM KUNIMITSU

RACE 2012 SEASON

  • Preview
  • Result / Report
  • Race Photo

2012 SUPER GT

ROUND2 FUJI GT 500KM RACE

第2戦 富士スピードウェイ

公式予選 5月3日(決勝レース 5月4日(
富士500kmのレースで、開幕戦に続く上位入賞を目指す

 開幕戦岡山では最終ラップまでトップ争いを繰り広げ、惜しくも0.588秒差で2位となったRAYBRIG HSV-010。
前半の伊沢拓也、そして後半を担当した山本尚貴と、ふたりのドライバーが全力を尽くした戦いはまさにSUPER GTの歴史に残るものとなった。
表彰台でのふたりは悔しさを隠さなかったが、その戦いぶりに対して、多くのファンから暖かい拍手が送られていた。

 続く第2戦の舞台はゴールデンウィーク真っ只中の富士スピードウェイ。
昨年までは300kmレースとされており、スプリント色が強かったが、今 年はレース距離が戻され、再び2ストップが必須の500kmの距離で争われることになる。
ただし、それは富士スピードウェイを本拠とし、このコー スを得意とするレクサス勢に一矢報いるチャンスを得るということでもあり、開幕戦に続く好レースが期待できると言えるだろう。

 また、昨年の富士スプリントカップで伊沢が優勝を果たしているという点でも富士スピードウェイはチームにとって相性のいいサーキットだけに、今 シーズンのスタートダッシュをさらに確固たるものとするレースになる可能性は高いと言えるだろう。

 ゴールデンウィーク真っ最中のビッグイベント、富士500kmレースでのRAYBRIGHSV-010の活躍に期待して欲しい。

PAGE TOP
RAYBRIG ドローン新発売!!
RAYBRIG RaceQueen
メール会員限定コンテンツ