STANLEYTEAM KUNIMITSU

  • OKAYAMA
  • FUJI
  • SUZUKA
  • MOTEGI
  • SUGO
  • AUTOPOLIS
  • MOTEGI
  • FUJI
  • Result / Report
  • Race Photo
 	2021 AUTOBACS SUPER GT Round5 SUGO GT 300km RACE

第5戦 SUGO

予選 9月11日(決勝 9月12日(
ランキングトップとして、確実なレース運びを目指す


いよいよ今シーズンの後半戦へと突入するSUPER GTシリーズ。第5戦の舞台は宮城・スポーツランドSUGOとなる。昨シーズンは、鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎの3サーキットに限定されていたため、2年ぶりにSUGOへGTマシンが戻ってくることになる。

シリーズランキング2位で迎えた前大会鈴鹿戦。予選でライバルに先行を許したチームクニミツだが、決勝では大きく躍進を果たす。ピットインのタイミング、タイヤ選択など機転の効いた戦略で、ドライバーはじめエンジニア、メカニックらがすばらしい働きを披露。着実にポジションアップし、4位でチェッカーをしてみせた。まさに、チームでもぎ取った大きな成果だったといえる。

SUGO戦は80kgまで増えたサクセスウェイトにより、燃料流量リストリクターは2ランク下がる。結果、存分なパワーを得られず、高低差のあるコースを疾走することは正直難しい。仮にウェットコンディションにでもなれば、各車の性能差が若干減る期待も持てるが、これはあくまでも”他力本願”の話。チームとしてまず大事になるのは、事前の準備を入念に行い、レースウィークに入れば各人がベストを尽くし、ミスなく丁寧な仕事を全うすること。タフな状況の中で平常心を保ちつつ手抜かりなく作業を行うことは決して容易ではないが、チャンピオン経験のあるチームとして、これまで培ってきたキャリアを活かした戦いを目指す。

みちのくでの戦いは、厳しい一戦になることは明白。その中でチームの総合力をフル活用し、確実なパフォーマンスを完遂することで、ランキング争いではトップランカーを死守したいところだ。

PAGE TOP
STANLEY RaceQueen
メール会員限定コンテンツ